前へ
次へ

ペット葬が提案する形見の種類

飼い主にとってかけがえないのないペットが亡くなると、深い悲しみで元気を失ってしまいます。
ですがしっかり前を向き供養をする意味も含めて、ペット葬を利用する人が増えています。
またペット葬自体をサービスで提供している業者も増えてきており、様々なプランのもとで葬儀を行いお別れをすることが可能となっています。
そんな中でペット葬が提供しているサービスの1つとして、ペットの形見を残すプランがあります。
火葬を行ってしまうと遺骨になり、納骨してしまうと離れ離れになったと感じてしまう飼い主もいます。
そんな飼い主のためにペットの毛の一部を使ってペンダントにしたり、位牌の一部を入れたロケットなどを作ることが可能です。
ペットの一部を身につけていることで、常にペットと一緒にいると感じられるということで多くの飼い主に人気のあるサービスとなっています。
形見の種類としては生前使用していた首輪やおもちゃなどもありますが、ペットの一部自体を残せるのはやはり飼い主にとっては大きな喜びとなります。

Page Top