前へ
次へ

ペット葬儀を行う人に配慮して花を贈ろう

友人や知人がペット葬を行う場合、飼い主の気持ちは大変デリケートな常態となっているため、相手のことを慮った行動を取ることが望ましいです。
たとえば連絡をもらった場合、相手のペットが自分の買っているペットと仲のよかった知人であれば、花を贈ると相手の心を慰められるでしょう。
なくなったペットのイメージによってペットを送ることができるようになっています。
相手のペットのイメージに合うペットのお悔やみ専用のアレンジメントフラワーを送ることで、相手に対して礼を尽くすことができるでしょう。
また、義父母の飼っていたペットが亡くなってペット葬を行う場合には、メールに対してあまりいい印象を持っていない人でなければメールでお悔やみを伝え、フラワーアレンジメントを送ることもお悔やみのひとつの形となるでしょう。
義父母の場合、直接的な親子でない分気を使うことが必要といわれています。
そのため、義父母の性格によって相手に失礼のない範囲でお悔やみを伝えることで、ペットの死を悼んでいることを伝えられるでしょう。

Page Top